irfsrhgbjsoifrujg

  

記事元:http://rocketnews24.com/2014/08/15/476068/
記事名:【谷根千】散歩の間に作れちゃう「ゆるかわスタンプ」は鉄板プレゼント! 谷中『邪悪なハンコ屋 しにものぐるい』

jbvudhygjvo9wutyug

中略

東京は文京区から台東区の一帯を「谷中・根津・千駄木」の頭文字を取り『谷根千』(やねせん)という。今も江戸情緒が色濃く残る谷根千は、国内外問わず多くの観光客が訪れる人気スポットだ。

谷根千には仏閣や歴史ある店が多いが、個性的な店も多い。その一つが「邪悪なハンコ屋 しにものぐるい」である。店名だけでもインパクトある同店だが、商品にはオリジナリティがあり、特にプレゼントには鉄板の、“使える” 店なのだ。



・谷中銀座の中にある


「邪悪なハンコ屋 しにものぐるい」は、『谷中銀座』の中にある。JR日暮里駅から徒歩3分ほど、『夕やけだんだん』と呼ばれる階段を降りると、谷中銀座商店街である。商店街に入り20mほどで左手に現れるハンコだらけのお店……そこが「しにものぐるい」だ。


・イラスト入りハンコ屋さん


同店が販売するのは、オリジナルのイラストが入った浸透印タイプのハンコである。イラストの種類は400種類以上、くだけた “ゆるかわ系” がほとんどで、「イイ!」というものから「これ売れるのか?」というものまで多種多様。きっとお気に入りが見つかるはずだ。


・認印として使用できる


イラストの入った浸透印は、認印として使用できる。実印・銀行印としては利用できないが郵便を受け取るときなどには何ら問題はない。どうしても実印・銀行印として使いたい場合は、「木彫り」タイプも受け付けているので、そちらをオーダーしよう。


・ハンコを2つオーダーしてみた


どんなハンコができるのか? 論より証拠、今回2つのハンコをオーダーしたので、画像を確認してほしい。まずはロケットのイラストに「ロケットニュース24」と入ったハンコ。かなりの文字数であったが、きちんと再現されていた。かなり高クオリティだ。


・2つとも素晴らしいクオリティ


そして、先日誕生日を迎えたGO羽鳥編集長へのプレゼントとして、「ムンク」のイラストに「羽鳥」と刻んでもらった。こちらも、常に青白く疲労困憊のGO羽鳥編集長を彷彿とさせる、素晴らしい出来である! 


・プレゼントとして鉄板


私事で恐縮だが、私(筆者)は今まで何度か同店で作ったハンコを、知人の誕生日などにプレゼントとして贈ってきた。その誰もが喜んでくれる鉄板アイテムなのだ! 価格は1本2600円、30分ほどで完成する。谷根千を散策している間に出来上がるのも嬉しいポイントだ。

以下略


自分で邪悪な~って言ってる所が良いでち

こういう個性的なお店大好きでち

見てだけで癒されるでち

BlogPaint