4r89awe984r984wae984r

  

福岡都心“名物”の「丸見え公衆トイレ」撤去へ 築40年

r98eawr849awe498r984wae9844

 福岡市・天神の通称「国体道路」沿いの歩道にせり出す形で約40年間設置され、「通りからトイレが丸見え」などの苦情も寄せられていた“名物”の公衆トイレが、2015年度中に取り壊される見通しとなった。市が27日までに、「廃止する方向で検討している」と明らかにした。人通りの多い繁華街のど真ん中にあるものの、使用頻度が減り、近隣で公衆トイレ整備も進んだため。

中略

  公衆トイレには防犯上の理由で扉は付けられないシンプルなデザインのため、通りから男性用トイレ(2基)が丸見えの状態だった。その後、周辺で商業開発がさらに相次ぎ、天神都心でも特に通行量が多いエリアになった。次第に、市民から苦情や撤去の要望が寄せられるようになった。

 2007年には、国体道路沿いの全ての屋台が移転。12年にリニューアルした近くの警固公園内に大型トイレも完成した。「天神2丁目便所」の使用頻度(水道使用量)は大幅に減っていた。市は「設置している必要性が薄まった」(同課)として、近く始まる市議会で関連予算案が認められれば、年内にも取り壊す方針だ。

 市民からは「近くを通るたびに悪臭がする」といった指摘も出ていた。ただ、このエリア一帯が雨水と汚水をいっしょに処理していることが最大の原因という。「この公衆トイレだけがにおいの元凶とされるのは、少しかわいそう。目立つ存在だから仕方ないが…」と市関係者。

 いずれにしても、酔っぱらって駆け込んだ経験がある方もいるかもしれない。天神のど真ん中で、ある意味「名物」だった公衆トイレが、静かにその役割を終えようとしている。 

そういえば前に福岡に行ったことあるけど
確かとあるトイレを通って臭くね?と思ったけどもしかしてここだったのかな・・・?
しかも名物だったのか・・・w
 BlogPaint