jvrfpjoegrgjoegphjfthojrt

  
記事元:http://news.livedoor.com/article/detail/10544844/?_clicked=social_reaction
記事名:もう「おバカタレントみたい」とは言わせない!頭がぐんぐん良くなる行動3つ
bjfocbjdsepjbofdtbjpjobfgpjrtop

しかし、ちょっと待ってください! 頭の良さは、生まれてからの環境によって大きく変わり、決して遺伝ではないというのです。

であれば、どんな環境にいるのが良いのか?あるいはどんなことをしたら良いのか?気になりますよね。これさえ知っていれば「あの人、おバカタレントみたい!」なんて、かげ口をたたかれる心配はもうありません。


そこで今回は、海外の起業家向けサイト『Entrepreneur』などの記事を参考に“頭がぐんぐん良くなるちょっとした行動3つ”を紹介します。


「もう遅い!」なんてことは決してありません、さっそくチェックしてみましょう。

 

■1:楽器を演奏する


楽器を演奏することで、右脳と左脳をつなぐ、脳梁を刺激して脳内に新しい神経経路をどんどん作っていきます。それによって、記憶力や問題解決のための能力が鍛えられます。


その結果、創造力、分析力、語学力、数学的な思考力などが鍛えられるというのです!

お子さんに楽器を習わせるのは、こうした意味でも良いかもしれませんね。

 

■2:読書など、活字を読む


楽しい小説でも、新聞でも、“読み物”であれば構いません。文字を読むことも、また頭を良くすることにつながります。


脳内の様々なところにある異なった知識の断片をつなぎ合わせて問題の解決のために役立てたり、自分とは異なる他人の考えを理解したり、解釈したりするといった能力が高まります。

楽しく読書をすることで脳のストレスを軽減して、働きやすい状態にもしてくれます。

 

■3:定期的な運動をする


たま~にするキツい運動ではなく、定期的に体を動かしていることが大切です。


定期的な運動をすることで、記憶力を高めたり、BDNFという“脳由来神経栄養因子”というタンパク質を体内に増やして、集中力や理解力などを高めたりすることができるのです。


研究者の中には、長時間椅子に座っての作業は、脳に定期的な運動を続けているのと正反対の影響を与えるという人もいます。


普段ずっと座りっぱなしという人は、適度に体を動かすなどしてちょっと気をつけてください。

 

以上、“頭がぐんぐん良くなるちょっとした行動3つ”でしたがいかがだったでしょうか? 簡単にできることや、楽しいことではないでしょうか。

例えば、お子さんと一緒に楽器を習い始めたり、運動をしたりなんていうのも、良いかもしれませんね。


さっそく意識して始めてみてください。もう「あの人、おバカタレントみたい!」なんて言われることはありません。

楽器の演奏以外は出来そうですね・・
音楽の才能がないので私が演奏するとご近所迷惑になりかねないのでw

BlogPaint