vjfdpoveprjgejpboehjdpbjfphorth

  
記事元:http://news.livedoor.com/article/detail/10549512/
記事名:「佐野氏エンブレム」紙袋、1枚91円が十数万円に高騰か!?
jcfopdevjwepjgrojrjbohejhptorhr

vjfdpoveprjgejpboehjdpbjfphorth

中略

五輪エンブレム白紙撤回で、関連グッズが“お宝”化!? デザイナーの佐野研二郎氏(43)が制作した2020年東京五輪の公式エンブレムが使用中止になった問題で、東京都は3日、すでに納品済みの佐野氏のエンブレム入り紙袋4000枚を一般に販売、配布しないことを明らかにした。都庁には「紙袋がほしい」などの問い合わせが相次いでおり、インターネットに詳しい識者は「もし一般に出回れば、1枚91円の紙袋が十数万円になる可能性がある」と指摘した。


 “佐野エンブレム”が白紙撤回された1日以降、都庁に「紙袋を売ってほしい」「なぜ、配ってくれないのか」といった問い合わせが相次いでいる。担当職員は対応に追われ、「こんなに、反響があるとは思いませんでした」と苦笑いした。

 
この日までに、都庁でもエンブレムがしるされたポスター、パネルなどが次々と撤去された。日本中からエンブレムが消えていく中で、都庁の「紙袋」4000枚だけが生き残った。

 
エンブレム関連のPR告知物などで都が被った損害額は上限約1億円に上り、舛添要一都知事(66)は2日、すでに完成した紙袋や職員の名刺などの実用品については「もったいないから、そのまま使う」と宣言した。それを受け、担当局は「紙袋は一般に販売、配布はしない」という方針を固めた。職員に配り、書類を入れて持ち運ぶなど業務用として使うことを検討している。

 
紙袋に関する問い合わせはこの日も複数件あった。職員によると、コレクターと名乗る男性は「どれだけ払えば売ってくれるんだ」と強く要望していたという。

 
都によると、紙袋4000枚の予定支出額は36万7200円。つまり、1袋は91・8円。ITジャーナリストの井上トシユキ氏は、「たった90円の紙袋が世に出回り、ネットオークションにかけられたら数万円から十数万円に高騰する可能性がある」と100倍以上にも値が跳ね上がることもあり得ると指摘した。


 井上氏によると、印刷ミスなど“瑕疵(かし)”があったものは数が少なく、二度と手に入らない可能性が高いため、意外にもオークションで値段が高騰するケースが多いという。「さらに五輪関連グッズということで、スーパーレアもの。コレクターの注目度は高い。うまくいけば、転売して、もうけることもできる」

 
すでに新エンブレム選定に動き出しているが、佐野氏が残した“珍品”は今後も熱い視線が注がれそうだ。(江畑 康二郎)

以下略

ヤフオクで高値で取引されそうだなと思ってたらやっぱり高騰するんですねw

BlogPaint