t4we98at84awe4984

  

[TGS 2015]「スターオーシャン5 -Integrity and Faithlessness-」の試遊レポートをプレイムービーとともにお届け

t498ewa4t4we98a498twea

一部抜粋

 フィールドでの操作は,左スティックでキャラクターの移動,右スティックでカメラの視点移動,方向キーの上下でカメラのズームイン/アウト,タッチパッドの押し込みでミニマップの表示サイズ変更,[○]ボタンでバトル開始などのさまざまなアクション,[△]ボタンでメニュー画面表示となっている。

 最初に体験することになるのは,本作の大きな特徴となる「ダイナミックカットシーン」だ。これは,イベントシーンがプレイ中にシームレスに発生するというもので,プレイヤーはイベント進行中も主人公のフィデルを移動させたりカメラを操作したりできる。

 その場にいるキャラクター達は,身振り手振りを交えて話したり,表情を変化させたりしつつも,プレイヤーが操作するフィデルの動きを目で追うなどといった反応を見せてくれる。
 とくにヒロインのミキは,時折フィデルのほうに顔を向けるなど,幼なじみとしてフィデルを気遣っている様子なので,ぜひ確認してほしい。

 冒頭のものに限らず,イベント中はその場にいるキャラクターたちの芝居が面白い。とくにオススメなのはやはりミキで,要所におけるリアクションは見どころ。視点を操作してそれぞれの様子を確認してほしい。

 最初のイベントシーンが終わって,フィールドを少し歩くと,早速バトルを体験することになる。こちらもまたフィールドからシームレスに移行する仕様だ。
 今回操作できるのは,剣による近接攻撃を主体とするフィデルと,魔法による遠距離攻撃と回復が可能なミキ,そして剣と鞘との二刀流(?)で戦うヴィクトルの3人。バトル中のキャラクターの切り替えは,方向キーの左右で行える。
 バトル中にキャラクターを切り替えても,バトル終了後は再びフィデルを操作してフィールドを探索することとなる。

 バトルでの操作は,[○]ボタンが小攻撃,[×]が大攻撃,[□]ボタンがガードとなっており,小攻撃は大攻撃に強く,大攻撃はガードに強く,ガードは小攻撃を軽減するという三すくみの関係にある。
 敵が大攻撃を放つ場合には全身に青いオーラを纏うので,それに合わせてこちらが小攻撃を放てば防ぐことができるといった具合だ。この三すくみを理解し,適切な行動を取れば画面右側のゲージが伸びていき,その分だけバトル終了後にボーナスを得られるようになっている。

 そのほかにも,ガードが成功したあとにタイミング良くもう一度[□]ボタンを押すとガードカウンターが発動したり,小攻撃と大攻撃はボタンの長押しで必殺技を発動できたりといった要素がある。それぞれの必殺技は,敵との距離によって効果やエフェクトが異なってくるので,なかなか奥が深い。

 ただ,TGS会場での短い試遊時間の中で,三すくみを意識して敵の攻撃を見切りつつ,こちらから最適な攻撃を繰り出す……というのは相当困難だと思われる。開発チームもそのあたりはしっかり考えていて,今回は小攻撃を数回放ったあとに必殺技をつなげるコンボを多用していれば,比較的簡単かつ爽快に勝利できるよう調整しているとのことだ。

 とはいえ,さすがに最後のボスバトルは,三すくみの関係を利用したり,[L1]または[R1]ボタンでターゲットを変更し,やっかいな敵を優先的に倒したりといったプレイが必要になるとのこと。[△]ボタンでメニューを開き,回復アイテムを使用する必要も出てくるだろう。


マジにシームレスだった
早くやりてぇよこれ