gkrpe3k5h@k5rp4hk4@jkp6kjtr4

  
記事元:http://news.livedoor.com/article/detail/10722681/
記事名:「囲碁」大学授業に採用、論理的思考を養う狙い 遊技人口減にも歯止めの「一手」
kberk@hktpnkrt@rpjkyt

gkrpe3k5h@k5rp4hk4@jkp6kjtr4

囲碁をカリキュラムに取り入れる大学が増えている。

 
九州大は10月の平成27年後期から、九州の国立大では初めて、教養を身につける「基幹教育」として、囲碁を導入した。大学側は学生の論理的思考の醸成を狙い、日本棋院(東京)は囲碁人口の減少と、国際大会での存在感低下に歯止めをかけようという「目算」を抱く。 (奥原慎平)


 「石は人さし指で強そうに打つこと」「ピンチの時は視野を広げると、チャンスが見つかります」「囲碁を学ぶと相手の気持ちを考えるようになり、あらゆる社会の中で生きます」


 10月14日。九州大伊都キャンパス(福岡市西区)の講義室で、囲碁初心者の学生50人が、プロ棋士、吉原由香里六段(42)から囲碁の手ほどきを受けた。


 九州大は平成27年度後期から「囲碁で養う考える力」を開講した。計15回の授業を通じてルールだけでなく、礼儀・作法、囲碁の成り立ちを、吉原氏らプロ棋士から教わり、単位となる。

 講義には、学長の久保千春氏(67)も顔をのぞかせた。


 久保氏は囲碁歴50年、アマ4段の腕前で、囲碁部顧問を務めていた。学長職は特定の部活・サークルに肩入れできないことから、学長に就任した昨年10月、顧問を泣く泣く辞めたという。


 心身医学専攻の久保氏は「3手先を読む訓練を積んだことで、患者の病態に仮説を立てて、治療の重大な局面を見逃さない習慣が身についた」と囲碁のメリットについて説明した。

 
九大が囲碁を、単位が取得できる講座として導入した理由は、「学び方」「考え方」を学ぶ素材として、適していると判断したからだった。

 
学生の論理的思考能力が養えるという囲碁教育は、平成17年度の東大を皮切りに、慶応大や早稲田大、東京工業大、京都大など各地の大学で広がる。


 一方、日本棋院にとって、大学での囲碁普及は「死活」問題だ。


 囲碁人口は世界74カ国・地域で4千万人を超える。チェスの愛好者7億人には及ばないが、盤上ゲームとして世界に普及した。


 一方、国内の囲碁人口は減り続ける。

 
レジャー白書(日本生産性本部)などによると、囲碁人口は昭和56年の1200万人をピークに、平成10年は390万人まで落ち込んだ。週刊少年ジャンプで10~15年に連載された漫画「ヒカルの碁」の人気で、一時的に盛り返したが、再び落ち込み、19年は240万人となった。ネット対局者を入れても、300万人を割るほど「駄目」な状態だという。

 
遊技人口、特に若者の減少は競技レベルの低下を招いた。

 
囲碁の世界は日本、中国、韓国を中心に、さまざまな国際大会がある。こうした世界タイトルで日本勢が勝てなくなった。2011年度に終了した世界囲碁選手権は1997年大会を最後に、日本は優勝から遠ざかった。


 日本の囲碁衰退に危機感を抱いたのが、加藤正夫九段(平成16年死去)だった。

 加藤氏は、14年に一流棋士としては異例となる日本棋院副理事長に就くと、囲碁人口増に乗り出した。その秘策が、有名大学の授業への導入だった。加藤氏はまず、旧知の教授を通じて、東大で導入にこぎ着けた。


 『脳を鍛える大人のDSトレーニング』を開発した脳医学研究者で、東北大学の川島隆太教授は、日本棋院の委託に基づいて平成18年~19年にかけて、囲碁が持つ学習力について検証した。囲碁を3カ月経験した小学生では、ほぼ全員の思考力が向上した。

 
日本棋院の広報担当者は「江戸時代から昭和にかけて、世界でも興隆を誇ったわが国の囲碁の文化を再び発展させていきたい」と語る。同棋院は平成30年度までに囲碁教育の導入大学数を50校に目標を掲げ、着々と「布石」を打つ。

 
ちなみにこの記事に登場する「目算」「死活」「駄目」「布石」は、すべて囲碁に由来する慣用表現だ。それほど日本人の生活に深く浸透してきた囲碁が、大学とのコラボで再起を期している。

プロ棋士に教えてもらえるなんて滅多にないことだけに貴重な体験ですね

BlogPaint