4t8awe498t984awe98t984awe

  

美少女フィギュア、恋愛ゲーム… 「オタク趣味」に金をつぎ込む兄を、やめさせたいのですが-

t489aet984aw984t984aw

一部抜粋

【相談】

 34歳の兄は、アニメやゲームに登場する2次元の女の子と恋愛するオタクです。大学に入学して1人暮らしをするようになると、両親からの仕送りとバイト代を恋愛ゲームや、胸や下着を見せている美少女フィギュアにつぎ込むようになりました。大学卒業後も両親に電話で金の無心を続け、断られると罵詈雑言を浴びせ、切られても切られても一晩中、電話をかけ続けるありさまでした。

 今はなんとかパン店で働くようになりましたが、食事は売れ残った総菜パンばかり。身だしなみにも気を使わず不潔です。兄は人付き合いが苦手で、私が費用を出して、コミュニケーション講座に通ってもらったこともあるのですが、途中で挫折。いまだに兄は「自分のコレクションを手放すことは死ぬのと同じ」といいます。

 両親は、兄がこの趣味から抜け出して結婚してほしいと願っています。どうすれば、兄にオタク趣味をやめてもらえるでしょうか。(福井県 30代女性)

【回答】

 うーん、それは無理なんじゃないですかねぇ。身も蓋もないような回答で恐縮なのですけれども。

 もしもできることなら、その愛情を、「不潔」で「人付き合いが苦手」で「2次元の女の子と恋愛するオタク」であるお兄さまそのものへと、向け変えてみられませんでしょうか。

 人付き合いが苦手であるという、長年にわたって形成されてきた性格を変化させるのは、容易ではありません。現実の人と接すると、両親や妹は自分のことを「ダメな人間で、変わらなければならない」と否定的な評価を下してきますので、傷つきます。

 そうであってみますと、そのような傷ついてばかりの、現実という名のゲームよりも、一定の手順さえ踏めば必ずや自分のことを認め、肯定し、愛してくれる2次元の女の子たちの方へと没入したくなる彼の気持ちも、理解できるのではないでしょうか。

 そうした欲望(や、それに付随した性欲)は、気持ち悪いと否定されてしまいますと、余計に「だから現実の人間は嫌なんだ」と、彼を追いこんでしまうことに、気をつけたいものです。

 ですから、お兄さまの逃避せざるを得ない窮状に共感してあげて、「しかたないよねぇ」とオタク趣味を見守るのが一番です。受け入れてもらえたなら彼も、少なくとも一人ここに、麗しい現実の人間がいた、と目を開く縁になるかもしれませんよ。

■回答者・小池龍之介

 月読寺(神奈川県鎌倉市)、正現寺(山口市)住職。37歳。著書に『こだわらない練習』(小学館)など。 

要するに諦めろってことか(´・ω・`)

 



進撃の巨人 通常版 PS4版

進撃の巨人 通常版 PS4版
価格:6,907円(税込、送料込)