498taw4t9awe984taw9

  

今回、清原和博さんの逮捕は約2年前の週刊文春がきっかけで警察が慎重に調査していた模様

2014年3月13日号

t4ewa48tawe984t984wae984twe


清原容疑者逮捕、覚醒剤使用の疑いでも捜査

一部抜粋

 警視庁は、週刊誌で疑惑が報じられたおよそ2年近く前から、清原容疑者が違法な薬物を入手している可能性があるとみて慎重に捜査を進めてきました。

 また、今回捜査を担当したのは、薬物捜査を専門とする「組織犯罪対策第5課」の中でも芸能人や特殊な内偵捜査を担当する「特命班」です。「特命班」はこれまでに、人気ミュージシャンのASKAこと宮崎重明さんの覚せい剤取締法違反事件など、芸能人が絡む薬物事件を数多く担当してきました。


そして今になって、当時の内容が話題に


週刊文春 

球界を代表するスター選手だった清原和博氏(46)が2月27日、東京都内の大学病院に緊急入院したことが週刊文春編集部の取材で明らかになった。 

清原氏に近い関係者によると、「現在、清原は薬物使用の影響による副作用に苦しんでいる。 
昨年も都内の精神病院に1週間ほど入院した」という。 

小誌取材班は、清原氏が一時的に大学病院の外に出てきたところで直撃取材を行った。 
記者の前に現われた清原氏は、淀んだ目つきで宙を見上げ、口元は終始半開きのままという状態。 
記者が質問を投げかけると、非常にゆっくり答えたが、ろれつが回らず、ときおり意味不明の言葉も発した。 

清原氏の薬物使用疑惑について、捜査当局も重大な関心を示している。 


過去の記事を遡ってみると

ASKAの名前が登場する

運転手も主治医も一緒…ASKAと清原和博に“共通点”のなぜ

 シャブ&ASKA容疑者(本名・宮崎重明=56)と、元巨人の清原和博(46)の“共通点”は多い。そもそも同じ週刊文春で薬物疑惑を報じられたし、「ASKAの運転手だった人物がその後、清原の運転手として雇われた」という知人の証言も出てきた。

 さらに共通の“主治医”まで登場だ。22日、テレビの情報番組で「私がアンナカ(安息香酸ナトリウムカフェイン)を処方した」と告白して話題になっている「東京健康クリニック」(西麻布)の平石貴久医師(63)のことだ。ASKAが20年来通ってきたクリニックだが、清原も現役時代から世話になっている。

以下略

そして、更に飯島愛さんの名前が出てくる


ASKAからつながる飯島愛さんと“芸能人薬物ルート”キーマンは元運転手のX氏か!?

一部抜粋

 一部では、飯島さん亡き後、ASKA容疑者のほうから当時彼女の付き人を務めていたX氏に近付き、自らの運転手にスカウトしたという話もある。

 音楽関係者は「大物アーティストが、一介の付き人を口説くことなんてありえない。運転技術がうまいとか、そんな理由ではないでしょう。考えられるのは、X氏が薬物の入手ルートの“窓口”だったからではないか」と推測する。





これは…近いうちに飯島愛さんの死の真相が明らかになるか?
果たして… 


 


 
ストリートファイターV HOT!パッケージ

ストリートファイターV HOT!パッケージ
価格:9,709円(税込、送料込)