489t984awe98twe984a

  
「まじ」「やばい」「なるほど」を多用する…語彙力不足の代償とは

t4awe984t984awe984twe84a

一部抜粋

 今日、何度「まじ」と言っただろうか。「なるほど」と相づちを打っただろうか。食べ物の感動を「おいしい」と表現しただろうか。

 効率化重視の世の中だ。これに伴って、言葉も「省エネ化」していることを懸念しているのが、『声に出して読みたい日本語』で有名な教育学者・齋藤 孝氏の著書『語彙力こそが教養である(角川新書)』(齋藤 孝/KADOKAWA)だ。

 本書では、省エネ化された言葉がいくつか挙げられている。ポジティブな場面でもネガティブな場面も使える「やばい」、感嘆詞にも強調にも使える「まじ」、本気とも冗談ともつかない「うざい」、小さいものも愛らしいものもひっくるめた「かわいい」。いずれも複数の事柄をひとつの言葉で表現できる便利な例だが、これらに頼りっぱなしになると「ボキャ貧」、つまり「語彙力がない」「言葉を知らない人」という烙印を押される。

 若者が使う言葉ばかりではない。冒頭の「なるほど」や「たしかに」といった脊髄反射的な相づち、SNSに投稿した料理写真に添える「おいしい」「感動」といった具体性に欠ける感想、「頑張ります」「精進します」といった上司に提出するレポートの定型のような末尾、なども省エネ化された例だ。

 本書によると、「言葉を知らない人」と烙印を押されることで、想像以上の代償を支払っている。「語彙力がある」人は、単に持っている言葉の総量が多いだけではない。本はもちろん、テレビやインターネット、映画ほか、さまざまなメディアや媒体に通じている傾向がある。好奇心が強く、教養が高い。対して、「語彙力がない」人は、「知性が乏しい」と評される。自分が気づかないところで、高度な内容の会話から外されている恐れがある、というのだ。

 知的で豊かな生活を送るためにも、語彙力を高めたい。どのようにすればよいのだろうか。

 本書によると、まずは「貧しい語彙力によって損をする」事実に気づくこと。前述したとおりの理由だ。次に、頼りがちな語彙を見つけること。1日に何度も使っていたり、とっさに、あるいはふいに出る包括的な表現を意識したりする。自分でわからなければ、誰かに「自分の口ぐせや常套句って何だろう?」と聞いてみるとよさそうだ。次は、意識的に「便利な表現」をNGワードとして封印する。「やばい」「すごい」と言ってしまいそうなときは、具体性がある別の表現などに言い換える。これを粘り強く続けることで、省エネ言葉から卒業でき、語彙力が高まっていく。

以下略
つまりあれか
過去にやっていた『シルシルミシル』の堀くんみたいにやれと

 

tawe984taw984awt8

tawe8tawe84t84aw8

teaw849t8awe948twe984a