r984894t498wea984twea984twea

  

JR認知症訴訟家族責任認めず

teawtawe84twea984tawe98

愛知県で91歳の認知症の男性が電車にはねられて死亡した事故の賠償責任が家族にあるかどうかが争われた裁判で、最高裁判所は「このケースでは家族が認知症の男性を監督することが可能な状況ではなかった」として、家族の賠償責任を認めず、JRの訴えを退ける判決を言い渡しました。
 
平成19年、愛知県大府市のJR共和駅の構内で認知症の91歳の男性が電車にはねられ死亡した事故で、JR東海は振り替え輸送にかかった費用などの賠償を求める裁判を起こし、1審と2審はいずれも家族に賠償を命じていました。
 
1日の判決で最高裁判所第3小法廷は「このケースでは家族が認知症の男性を監督することが可能な状況ではなかった」と指摘して、家族への賠償責任を認めず、JRの訴えを退ける判決を言い渡しました。

以下略
こういうのは他人事じゃないから前から気になっていた
家族側が勝訴して良かったと思う
問題はこのケースが今後、起きる可能性もあるから
どう対策していくかが一番大事だと思う 



 
オーバーウォッチ オリジンズ・エディション

オーバーウォッチ オリジンズ・エディション
価格:7,160円(税込、送料込)