ljrodxjregjpojerphgjoedjpej34hjypo45jpyohj45

実写版「攻殻」本編映像、少佐の顔のパーツが外れる衝撃シーンも
http://animeanime.jp/article/2017/02/17/32589.html

ljgoejgpjdgdoe4pgygojwpsz3jghopr54jgdoe45y


スティーブン・スピルバーグが2009年に実写映画化権を獲得、以来、ドリームワークスで製作、パラマウント・ピクチャーズでの配給が決まり、その動向は世界中から注目を集めていた、SF作品の金字塔『ゴースト・イン・ザ・シェル』。

今回初公開となるシーン満載の映像が公開された。本作では印象深い「飛び降り」シーンから始まり、ファンがにやりとするシーンの連続。そしてクゼと思われる人物により少佐の顔のパーツが外される衝撃的なシーンもあり、そのハイクオリティな映像に期待が膨らむ。

中略

少佐が敵らしき人物に渾身の一撃を食らわせる姿やバトーと共にヘリコプターから降りてくる面々の中に片目にアイパッチを装備したサイトーと思しき人物の姿、シリーズファンにはおなじみの多脚戦車による激しい銃撃シーン。そして、最後に「奴らは命を救ったんじゃない。奪ったんだ。」と言い放つクゼと思われる人物により少佐の顔のパーツが外される衝撃的なシーンで終わる。

以下略








公開まであと2ヶ月