t4we98984teaw984ew984a

  


リンクvs王貞治vs羽生結弦...最も速く"回る"のは誰だ!? ゼルダの回転切りを科学的に検証してみた【空想科学ゲーム読本】

tewtwe984a84twe984e984wa

一部抜粋

「ゼルダ」において、多くのプレイヤーが頻繁に使うのはマスターソードだろう。なかでも威力抜群なのが「回転斬り」だ。「えやあっ!」とも聞こえる気合いとともに、体をスピンさせながらマスターソードを水平に振り回すと、剣の長さを明らかに上回る軌道を残し、敵をぶっ飛ばす!

 今回は、回転斬りにおけるマスターソードのスピードを求めてみよう。

 リンクの身長を170cmと仮定してゲームの画面で測ると、マスターソードは全長144cm、鍔(つば)から先の刃渡りは113cm。筆者は日本刀の模造刀を持っているけど(空想科学の研究のためですよ!)、それは全長102cm、刃渡り76cmだから、マスターソードはかなりの大剣である。

 ゲームの画面で測定すると、リンクは0.15秒でマスターソードを一周させている。これはものすごい。計算すると、剣のスピードは時速270kmだ。世界のホームラン王・王貞治は、全盛期にバットを時速152kmで振ったという記録が残っている。

 リンクが剣を振る速度は、世界の王の1.8倍も速いのだ。剣のより大きな半径を描く斬撃に至っては、時速490km。こちらは、王のバットの3.2倍である。打球の飛距離は速度の2乗に比例するから、もし斬撃でボールを打つことができるなら、ボールは王のホームランの3.2×3.2=10倍も遠くへ飛ぶことになる。おそらく1.3kmぐらい!

 羽生結弦選手の4回転ジャンプの映像で測定すると、ジャンプしてから着氷するまで0.72秒かかっている。すると、1回転にかかる時間は0.18秒である。リンクは0.15秒だから、これはなかなかいい勝負だ。というか、羽生結弦がすごいというべきだろうなあ。

 しかし、リンクの回転は、マスターソードを振りながら、である。フィギュアのスピンでは、選手が両腕を体に近づけるほど、回転が速くなっていく。同じように、リンクもマスターソードを体にぴったりくっつければ、もっと速く回れるはずだ。

 計算してみよう。マスターソードの幅をゲームの画面で測ると11cm。厚さが筆者の模造刀と同じだとしても、推定重量は6.8kgである。真横に伸ばしていたこの重量物を縦にして体にくっつけると、一周にかかる時間は0.021秒!

 リンクが羽生選手と同じジャンプ力&テクニックを身につけたとすれば、そのジャンプ、なーんと34回転!

 これはすごい。素晴らしいスケーターになれる~、などと喜んでいる場合ではない。そんなに回転したら、脳の周辺部には18Gの遠心力がかかる。脳が四方八方、全方位に重力の18倍の力で引っ張られるのだ。

 そういう目に遭った人の話は聞いたことがないので、確かなことは不明だが、まあ、オダブツではないかなあ。









この記事で思い出したけど、
刃牙で良く脳がシェイクされたり、潰されたりするシーンあるじゃん
アレ普通に考えると死ぬんじゃねーの?wwwwwww 





[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

閃乱カグラ PEACH BEACH SPLASH 通常版
価格:6557円(税込、送料無料) (2017/3/18時点)