nhfhf3e4oefise34igohi3swehagoh4idghri45ghdi5hihy56

  

向井理&斎藤工、池井戸潤原作「アキラとあきら」で4度目の共演!
http://www.cinematoday.jp/page/N0090361

ogj3e4ogjp3jgor45pgjoj45ogjodjgo45rjdogsjo4j5oyjo5


「半沢直樹」「下町ロケット」などの人気作家、池井戸潤の小説「アキラとあきら」が、向井理&斎藤工主演で連ドラ化されることが決定した。

バブル経済とその崩壊、激動の時代を舞台に、大企業の御曹司として約束された次期社長という宿命にあらがう彬、かたや父の会社の倒産、夜逃げなど過酷な運命に翻弄されながらも理想を追求する瑛、同じ名前を持つ対照的な2人のエリート青年の物語が展開する。

本作は、月間小説誌「問題小説」(徳間書店刊)で2006年から2009年にかけて連載された作品で、5月31日の文庫本発売にあたってドラマ化が決定。池井戸原作の「連続ドラマW 下町ロケット」(2011)を手掛けた水谷俊之、鈴木浩介(監督)、前川洋一(脚本家)が集結する。

 
物語の舞台は昭和61年。大手銀行の新人研修で、最も成績優秀だった2チームが実戦形式で融資戦略の研修を実施。彬(向井)のチームは融資を申し込む会社側、瑛(斎藤)のチームはそれを吟味する銀行側になり名勝負を繰り広げた。2人の「あきら」は、良き友人、ライバルとして互いに刺激し合いながら、バンカーとして苦難を乗り越えていくが、過酷な試練に見舞われていくというのがあらすじだ。

以下略




放送楽しみ