tewtawet4weat98awe498

  

マイクロソフト、サポート切れのWindows XP他に「異例のセキュリティパッチ」公開。世界的にランサムウェア被害拡大中
http://japanese.engadget.com/2017/05/13/windows-xp/

twe498twea4twe98at984wea

一部抜粋

マイクロソフトが、3年前にサポートを打ち切ったWindows XP向けにセキュリティパッチをリリースしました。理由は世界的に身代金要求マルウェア(ランサムウェア)"WannaCrypt"の被害が相次いでいるため。特に英国では医療保険制度(NHS)や日産自動車の現地工場が被害を受け、複数の病院が診療を中止する事態に。またスペインでは通信会社Telefonicaのコンピューターが感染するなど大きな問題となっています。

Windows Vista、7、8.1、10に対しては3月15日にこのランサムウェア用のパッチMS17-010(SMB サーバー用のセキュリティ更新プログラム)がリリースされていました。しかしWindows XP、Windows 8、Windows Server 2003といったサポート終了済みのOSもまだ一部でやむなく使い続けられており、感染の例も出ていることから「異例の措置」として修正プログラムをリリースしたとのこと。

マイクロソフトは「危険なOS」を使っているユーザーに対してパッチを当てるとともに、2つの設定を確認・変更するようにアドバイスしています。

まずひとつめはSMBv1の無効化。
SMBはWindowsのファイル共有用プロトコルでTCP445番ポートを利用するため。

2つめは、同様にルーターのポート設定でも外部からTCP445番へのアクセスが遮断できているかを確認すること。


まだWindowsXP使っている人がいることに驚きだわwwwww