degoejrpojbor4j5phbjbjtrorjnt

  

そうだったのか! 「卵」と「玉子」の使い分け方
http://news.livedoor.com/article/detail/13217701/?_clicked=social_reaction

djofwesjzpj43go3jewsap3jogj45opgjdor4hg


一部抜粋

 毎日の食卓に欠かせない「たまご」ですが、漢字で書くと「卵かけご飯」のように「卵」を使用する場合と、「玉子丼」のように「玉子」を用いる場合の2パターンがあります。この両者は一体、どのように使い分けられているのでしょうか。

「卵」と「玉子」が存在する理由

 そもそも、なぜ「たまご」には2つの漢字があるのでしょうか。

 
中西さんによると「卵」は平安時代から鶏卵を意味する言葉として使われ始め、当時は「かいご」や「かいこ」と読まれていました。室町時代に入って鶏の飼育が急激に拡大すると、南蛮貿易による文化流入の影響もあり、鶏卵を使った料理(カステラなどの菓子)が広がっていったそうです。

 
その後、宝石のように美しく丸い殻(=玉)の中に子どもが入っている鶏卵の形状から「玉の子」という言葉が生まれ、江戸時代に「玉子(たまご)」という漢字と読み方が広く使用されるようになりました。一方「卵」もそのまま残ったため、「たまご」には現在も「卵」「玉子」の2つがあるとのこと。

「卵」と「玉子」の使い分け方は

 それでは、同義語と考えられることも多い「卵」と「玉子」ですが、どのように使い分けられているのでしょうか。

「『卵』は孵化(ふか)して育つことを前提としたものを指します。鳥類だけでなく、魚類や虫類のたまごも『卵』と書きます。一方『玉子』は食用のものを指し、鶏のたまごを表すのが一般的です」

 
つまり「卵」は鳥や魚、虫などの(生命としての)「たまご」全般を指す言葉であり、「玉子」はその中でも、食材として使われる鶏卵を指します。


 しかし、食材の鶏卵に限れば、生の状態のものを「卵」、調理されたものを「玉子」とするのが一般的で、たとえば加熱前のものは「生卵」「卵かけご飯」、加熱されたものは「玉子焼き」「玉子丼」といった具合です。




へー
まあ、自分は卵の方しか使ったことないけど・・






[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

モンスターハンターダブルクロス Nintendo Switch Ver.
価格:5637円(税込、送料無料) (2017/6/16時点)