498tawe984teaw498

  





パラコート連続毒殺事件
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%A9%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%88%E9%80%A3%E7%B6%9A%E6%AF%92%E6%AE%BA%E4%BA%8B%E4%BB%B6

パラコート連続毒殺事件(パラコートれんぞくどくさつじけん)とは、1985年(昭和60年)4月30日から11月17日の間に日本各地で発生した、主にパラコートを用いた無差別毒殺事件。全て未解決。当時監視カメラもなく、物証もほとんど残っていなかったため、犯人は逮捕されないまま迷宮入りした。なお同一人物による犯行だったのかどうかは不明である。

関連事件34件(模倣犯を含む)のうち、13人が死亡した。

概要

全国各地の自動販売機の商品受け取り口に、農薬を混入したジュースなどが置かれていた無差別殺人事件。毒物の混入された飲料を置き忘れの商品と勘違いさせ、それを飲んだ被害者が命を落とした。

当時、1977年に発生した青酸コーラ無差別殺人事件後の対応として、自動販売機で販売される瓶入りドリンクの殆どは、初開封時に封印のリング状の部分がちぎれて落ちる、現在にも至る構造が採用されていた。しかし、この当時はまだ社会に開封・未開封の区別をつける方法や必要性が充分に浸透していなかった。青酸コーラ事件が東京・大阪と大都市で発生したのに対し、本事件では比較的郊外の、性善説的な社会風土が残っていた地域での被害が多いのも、そのためと思われる。

パラコートは除草剤で、当時24%濃度の液剤が市販されており、18歳以上で印鑑さえ持っていけば農協などで買うことができた。致死量は15cc。


ネットの反応




 

こんな事件があったのか…初めて知ったわ
飲食物が不審なとこに落ちてたら拾って食べたりするのはやめよう