2018-07-03_04h14_21

  













ドーハの悲劇

ドーハの悲劇(ドーハのひげき, Agony of Doha)は、1993年10月28日、カタールの首都・ドーハのアルアリ・スタジアムで行われたサッカーの国際試合、日本代表対イラク代表戦の日本における通称である。

1994年アメリカワールドカップ・アジア地区最終予選の最終節で行われたこの試合は、試合終了間際のロスタイムにイラク代表の同点ゴールが入り、FIFAワールドカップ初出場に近づいていた日本代表が一転して予選敗退する結末となった。







 

にほんmんんんんん
でも、ベルギー相手に2点入れたのは正直すごかったと思う
良い試合を見せてくれてありがとう!