最近は40歳過ぎても親のスネをかじる『高齢ニート』『年金パラサイト』が増加中!?中には親に暴力を振る人も・・・

4sd89a4r94e98r8a9

記事元:http://www.yukawanet.com/archives/4688071.html
記事名:最近は40過ぎても親からお小遣いをもらう「高齢ニート」「年金パラサイト」が増加中

 4df98as49r8e49rawe98

フジテレビの朝の情報番組「ノンストップ」の報道によりますと40歳を過ぎても親からお小遣いをもらい続ける「高齢ニート」「年金パラサイト」が増加中とのことだ。厚生労働省の調べによりますと13年度ではなんと44万人ものニート(非労働者)がいるとのこと。具体的な生活は毎月3万円もの小遣いを親からもらい、パチンコやゲームなどに費やすのだという。其れに関して父親も母親も何も言わないという。


―高齢ニートとは

40歳を過ぎても働かずに家でゴロゴロとして、親から小遣いをもらう子供たち。レンタルビデオやゲームなどの娯楽のための小遣いをもらったり、しまいには消費者金融からお金を借りるという始末。さらに多額の請求が来たとしても親が肩代わりをするのだという。それに対し親は全く何も言わないのだという。スタジオでは「信じられない・なぜ親は何も言わないのか」という声がとんでいた。

更に親は年金などを切り崩し、子供のためにお金を渡すという「年金パラサイト」も。リストラなどを受けた子供たちのために親は何処まで対応すればよいのか。

※非労働力人口は4517万人

総務省統計局のデータによると、非労働力人口は4517万人だということです。
(ノンストップでは44万人となっておりました)

非労働力人口は4517万人。前月に比べ22万人(0.5%)の増加


―親は何故子供にカネを渡すのか

何故親は子供にお金を渡すのかという疑問が湧いてくるが、親の意見としては「私がいないと子供が生きていけない」という心配から来るようだ。いつまで親が子離れできないのかという「親の責任もある」という意見もあり、どっちもどっちだという印象だ。


―親に暴力をふるう

更に親が高齢となり、お金が渡せなくなると親に「なぜお金がないんだ」と暴力をふるうケースも。家族関係カウンセラーの福島佳代子さんによると親の家事を手伝うなどの見返りも必要だと話していた。

以下略
うーむ高齢ニートかぁ
働けと言いたいけども逆に働かせてくれるところがあるかどうかといったら別だよね
逆の立場で、会社がずっとニートしていましたという人を採用・・・と思うとしづらいと思うんだよね
だからといって、ニートもそんな時代だからと思って働かないってのもどうかと思う
あと、親の金がないからといって暴力振るのはさすがにだめ
だったら自分で働いて金を手に入れようよ
BlogPaint




この記事へのコメント

  • でっちでちでお送りします 2015年10月19日 17:15

    パソコンのモニターが、昔ながらのブラウン管…。