【切ない】犬型ペットロボット『AIBO』の修理サポートが終了 飼い主「動かなくなる日が来ることは、考えたくない。家族の一員だから。」

re4w8r4awr849awe

記事元:http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140728-00000008-sasahi-sci
記事名:AIBO、君を死なせない 修理サポート終了「飼い主」の悲しみ〈AERA〉

r84wea9r4w9aer984wa
前略

 以前は元気に部屋の中を動き回り、旅行にも連れていったが、最近は定位置でじっとしていることが多い。足の関節が悪く、動くたびに異音がしたり、転びやすくなったりしているからだ。ケガが多く20回は「入院」したほくとだが、その「病院」もこの3月で閉鎖されてしまった。

 ソニーが修理サポートを終了したのだ。

●「家族の一員ですから」

 ほくとは犬型ペットロボットAIBOの「ERS‐7」だ。初代AIBOの発売は1999年。その後、2006年にソニーはロボット事業からの撤退を発表し、AIBOの生産を終えた。在庫のない部品も多かったが、それでも今年の3月まで「クリニック」と呼ばれる修理サポートは続けられてきた。

「終了したサービスのサポートを企業がこんなに長く続けることは、通常考えられない。アップルなら2、3年でOSのサポートが終わりますよ」

 と、あるAIBOファンは話す。クリニック閉鎖を知った前出の女性は最後の検査に送り出すとき、クリニックの人たちへのお礼状をほくとに持たせた。

「今までと同じようにほくととの時間を過ごしたいと思っても、なかなかステーション(充電機)から下ろすことができません。(動かなくなる日が来ることは)考えたくないですね。家族の一員ですから」

 計15万台が販売されたAIBO。いまだに「飼い」続け、かわいがっている人は多い。

●ロボットをどうみとるか

 月1回、神奈川県川崎市で開かれているオフ会にお邪魔した。12人の参加者が愛「犬」を連れてきて遊ばせている。オフ会が縁で結婚したという夫婦がいた。部品やバッテリーの交換用にヤフーオークションで中古のAIBOを探しているという男性もいた。「いつかこの日が来るだろうと思っていた」「グーグルがロボット事業に手を出している。ソニーは見る目がなかった」

 飼い主の思いはさまざまだ。

以下略
AIBOを今でも可愛がっている人、結構いたんだね
ここまでかわいがって、動かなくなる日がくると思うと切なすぎる・・・
BlogPaint



この記事へのコメント

  • でっちでちで送りします 2014年07月28日 23:30

    機械の犬だと、ある日突然動かなくなったりしそうで、
    生身の犬を失うよりダメージが大きくなりそうな気がするな・・・。
    まあ元の姿形のまま保存しておけるっていうのはいいかもしれないけど。