イギリスで開催中の展示会で日本人アーティストが作った福島産の野菜を使った「スープ」を配布→イギリスメディア「核スープだ」

r4awe98r4wea984rwe4a8


福島産野菜“芸術”スープ、英で物議

r4awe89r48awer984wae984

 今、イギリスで開催中の展示会で、日本人アーティストが作った作品が物議を醸しています。作品は福島産の野菜を使った「スープ」。いったい何が起きているのでしょうか。

 イギリスのロンドンで毎年開かれる芸術イベント。今年、イギリスのBBCテレビが取材するなど、注目されているのが、福島県出身のアーティスト、荒川医(あらかわ・えい)さんらが手がけたパフォーマンスです。

 「こちらではスープを配るパフォーマンスが行われています」(記者)

 配られているのは福島産の切り干し大根と干ししいたけを使ったスープ。壁には緑色に着色されたスープの写真が・・・。どういった意図があるのでしょうか。

 「『このスープは安全かどうか、自分で考えてください』という疑問を投げかけるようなアートを作りたかった」(荒川 医 さん)

 スープに使われる野菜は、いずれも放射能の値を測定し、「安全」が確かめられた材料です。しかし、福島についての固定観念や漠然とした不安は根強いのです。

 「飲みきるか分からない。ひと口で十分リスクがあるかも・・・」(女性)

 なぜ、こうした固定観念を抱くのか。参加者が考え、議論するきっかけを作りたかったという荒川さん。しかし、イギリスメディアの一部は・・・。「核スープ」(イブニング・スタンダード紙)、「彼女は生きて帰れるのか?」(ガーディアン紙)と、センセーショナルな見出しとともに取り上げました。

 実は福島産の野菜に対し、日本で行われている放射性セシウムの検査の基準はEUと比べて10倍以上厳しいのですが、そうしたことも報道されませんでした。

 今回の荒川さんによるパフォーマンスが、むしろ福島への風評被害を助長した側面は否めません。

展示された絵
r4awe98r4wea984rwe4a8

配布したスープ
rwear84eaw89rawe984r849ewa4984


以下略
こういうのは日本だったら大丈夫だと思うけど
海外はそういうのやっちゃうと逆効果なんじゃないかな・・・
BlogPaint





この記事へのコメント