京都府向日市で青酸化合物で夫を殺害した疑いで筧千佐子容疑者を逮捕!→周辺で少なくとも6人が死亡、総額8億円にものぼる遺産を相続していたことが判明し、連続殺人の可能性も

r4ewar8awe984r948awer984we984r4we98a

京都府向日市 青酸化合物殺人事件-保険金目的の連続殺人の可能性

rawer8awe9r84awe489r984awe

京都府向日市鶏冠井町大極殿で昨年12月に死亡した筧勇夫さん(当時75歳)の血液から青酸反応が検出された事件で、京都府警は11月19日午前、筧勇夫さんの妻を殺人容疑で逮捕しました。

殺人罪で逮捕されたのは、筧勇夫さんが死亡する約2ヶ月前に結婚した、無職の筧千佐子容疑者(67)です。
 
筧千佐子容疑者は昨年12月28日夜、筧勇夫さんに何らかの方法で青酸化合物を服用させ、中毒死により殺害した疑いが持たれています。

2人は結婚相談所で知り合い、結婚に至りました。なお、筧勇夫さんには多額の生命保険金がかけられていました。

警察での取り調べに対して筧千佐子容疑者は「逮捕された容疑の内容についてはよく分かっていますが、私は絶対に殺していません」などと供述し、容疑を全面否認しています。

筧千佐子容疑者の周辺では、婚姻関係や交際関係にあった男性らが少なくとも6人死亡しており、史上まれに見る連続殺人事件の可能性も。

京都府警は、筧千佐子容疑者が他の連続不審死事件についても関与している可能性を視野に、遺産目当ての犯行だった疑いもあるとみて、慎重に捜査を進めています。

筧勇夫さん死亡の経緯

京都府警によると、筧勇夫さんは2013年12月28日午後9時ころ、インターネットで株取引をしている最中に容体が急変し、その後死亡しました。

遺体を司法解剖した結果、血液から青酸化合物を検出。警察が筧千佐子容疑者に事情を聴いたところ、「2階に行くと冷たくなっていた。毒物のことは知らない」などと供述したということです。

2人は結婚サークルを通じて知り合い、2013年11月1日に婚姻届を出したばかりでした。また筧勇夫さんには、筧千佐子容疑者が受取人とした約500万円の生命保険がかけられていたといいます。

逮捕前、記者からの取材に対して筧千佐子容疑者は「私は殺してないからね。殺し方知らないもん。毒なんて手に入れるルートもないもん。そんなルートがあるんやったら、こっちが教えて欲しい」などと話していました。

「死にたい」筧千佐子容疑者が自殺する危険性あり早急に逮捕

京都府警は11月18日夜、筧千佐子容疑者が周辺に「死にたい」などと話しているという情報を得て、自殺の危険性が高まっているとして関西の関係先を捜索しました。

そして11月19日早朝、大阪府熊取町で筧千佐子容疑者の身柄を確保、殺人容疑で逮捕したということです。

筧千佐子容疑者の周辺で6人死亡、多額の遺産

警察によると、筧千佐子容疑者の周辺で少なくとも6人が死亡、総額8億円にものぼる遺産を相続したとみられているようです。

その中でも大阪府貝塚市の男性(当時71歳)については、筧勇夫さんと同じように血液から青酸化合物が検出されました。

この男性は2012年3月9日、大阪府泉佐野市の路上をミニバイクで走行していたところ転倒。その後病院へ運ばれましたが、搬送先の病院で死亡が確認されました。

当初は心臓疾患による病死と判断されましたが、筧勇夫さんの変死が発覚したため、保存されていた男性の血液を調べたところ、青酸化合物が検出されたということです。

以下略

うわぁ・・・
そりゃ不自然過ぎるわな・・・
d4a98t7e8a








この記事へのコメント