英理論物理学者のホーキング博士「警告する。人工知能(AI)の開発は人類の終わりを意味するかもしれない」

r984wae4r98awe498r498awe

「人類の終わりの可能性」ホーキング氏、人工知能開発に警告

re4wa8rawe84r98we498r4aw

【12月3日 AFP】人工知能の開発は人類の終わりを意味するかもしれない、と英理論物理学者のスティーブン・ホーキング(Stephen Hawking)博士が警告した。

 ホーキング博士は、2日に放送された英国放送協会(BBC)のインタビューで、人工知能技術は急速に発展して人類を追い越す可能性があると語った。まるでSF映画「ターミネーター(Terminator)」で描かれたようなシナリオだ。

「われわれがすでに手にしている原始的な人工知能は、極めて有用であることが明らかになっている。だが、完全な人工知能の開発は人類の終わりをもたらす可能性があると、ホーキング博士は語った。

「ひとたび人類が人工知能を開発してしまえば、それは自ら発展し、加速度的に自らを再設計していくだろう」「ゆっくりとした生物学的な進化により制限されている人類は、(人工知能と)競争することはできず、(人工知能に)取って代わられるだろう」

以下略 
ターミネーターみたいな世界が実現する可能性があるということか・・・
そう思うとちょっと怖くなった
BlogPaint
 
 


 

この記事へのコメント

  • でっちでちでお送りします 2014年12月03日 18:36

    分かる気がする
    10数年前は、将棋ソフトは人間のような直感力とかの構築は難しいから
    プロの有段者に勝利することは至難だと言われてたものだ
    ところがその後AI将棋は驚くほどの発展を遂げ、いまやプロをも凌ぐ脅威の無敵振り
    を誇るまでになっている。このままいけば人類が、万能の神コンピューター様に支配統制される世界が現実にやってくるのは
    まんざら絵空事ではないかもしれないな