うっかり年賀状を出し忘れた相手から届いた場合の対処法

kpyk@ek@pkyike@pkytkp5@yke@pkypk@kpewkt

記事元:http://getnews.jp/archives/752451
記事名:年賀状を出し忘れたときの対処法
kgesokaogkrikgbpoairighjpoejprgjkbxftpojhbper

中略

松の内を過ぎてしまう場合は、寒中見舞いを


もし、年賀状を出し忘れた相手から届いた場合は、松の内(1月7日まで)に届くように出すのが礼儀です。万が一、出した年賀状が宛先不明で戻ってきたり、長期旅行に出かけていたなどの理由で、松の内を過ぎてしまう場合は、寒中見舞いとして出しましょう。年賀ハガキは使えませんので、注意が必要です。


そして、必ず手書きで「新年の賀詞を賜りながらご挨拶が遅れましたことをお詫び致します」などの言葉を添えるのを忘れないようにしましょう。「旅行に出かけていた」「宛先不明で戻ってきていた」といった言い訳にとらえられるような内容は書かないようにします。


寒中見舞いは喪中の人への新年のご挨拶としても出せる


ちなみに、寒中見舞いの期間は、寒の入りの1月7日あたりから2月4日頃の立春の前までを指します。また、寒中見舞いは、年賀状を出すのが遅れてしまった場合以外にも、「喪中と知らずに年賀状を頂いた人への返礼として出すとき」「喪中の人への新年のご挨拶として出すとき」に出します。


年賀状を出し忘れてしまったとしても、心を込めて寒中見舞いを書いてみませんか?

以下略

なるほどね・・
残暑見舞いは出したことあるけど、寒中見舞いは書いたことないですね

BlogPaint

この記事へのコメント