コレステロール値が低くすぎてもがんや脳梗塞になりやすいらしいぞ・・

jheprjgpbhxjdcfgjperjgjbopgcdfjpbjredjhgptofrd
記事元:http://news.livedoor.com/article/detail/9970891/
記事名:コレステロール値は低いほうが危険?がんや脳梗塞のリスク高まる…降下剤は服用厳禁
jbperhjpoehjbpxdcfjhjtrgfhjvcgfjhpjtrhgc


中略

 春の健康診断を受け、コレステロール過多と診断された人も多いのではないだろうか。ところで、コレステロールが多いと何が問題なのだろう。

 
生活習慣病になりやすいという意見はある。コレステロール値が高いと、食事制限を命じる医者もいれば、コレステロール降下剤を処方される場合もある。


 コレステロールは病原体ではなく、直接病気を引き起こすこともない。むしろ、体にとって必要不可欠な物質である。脂質の一部であるコレステロールは、細胞をつくる元になる。細胞を包む細胞膜の成分となるのだ。コレステロールが足りないと、新しい細胞をつくれなくなり、がんができやすいといわれている。

 
また、コレステロールは紫外線を浴びるとビタミンDの前駆体になる。ビタミンDは、体がカルシウムを吸収する際に必須といわれており、どんなにカルシウムを摂取しても、ビタミンDが不足するとカルシウムの吸収が不十分となり、骨が弱くなることがわかっている。さらに、女性ホルモンや男性ホルモン、ストレスを受けた時に副腎皮質から分泌される抗ストレスホルモンなども、コレステロールがなければつくることができない。

以下略

何事も程ほどにってことでちね

BlogPaint

この記事へのコメント