『すべてがFになる』のTVアニメの放送が10月に決定!「ARIA」にてコミカライズの連載も開始

kbrt@fdkghi0rtiyjnkpgkfnkohtypju@ukyptkepdokghktrhk@yt
記事元:http://www.crank-in.net/game_animation/news/36866
記事名:アニメ『すべてがFになる』10月放送決定! コミカライズも連載開始
gprtg@krtphk@rkthypkj@k654jkhd@yrkjp@yt

kbrt@fdkghi0rtiyjnkpgkfnkohtypju@ukyptkepdokghktrhk@yt


森博嗣によるミステリー小説『すべてがFになる』を原作としたTVアニメが、10月よりフジテレビの深夜枠「ノイタミナ」ほかにて放送されることがわかった。また、コミカライズも決定し、『四季』シリーズと共にそれぞれ「ARIA」、「ITAN」(共に講談社)にて掲載される。


TVアニメタイトルは『すべてがFになる THE PERFECT INSIDER』。制作は『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』『四月は君の嘘』のA‐1 Pictures、監督は『ソ・ラ・ノ・ヲ・ト』神戸守が務める。

 「ARIA 7月号」(5月28日発売号)より連載されるコミカライズ第1弾『すべてがFになる』は、『戦国BASARA』のコミカライズや『BRAVE10』のアニメ化で知られる霜月かいりが手掛ける。第2弾の『四季』は「ITAN 26号」(6月5日発売号)より連載開始。『すべてがFになる』の人気キャラクターを描いたもので、こちらは期待の新鋭・猫目トーチカが担当。この作品が自身初の連載となる。

 霜月は「沢山の方に愛されている『すべてFになる』の世界観を壊さないように、それでいて新しい発見がある作品にできるようにがんばります」と意気込みを見せている。

アニメも漫画も楽しみでちね

BlogPaint

この記事へのコメント