大勝軒の分裂騒動、本家の中野大勝軒が仲裁へ!

t4ew98t498we984t984wae

前回記事

大勝軒分裂騒動、“本家”が仲裁へ!

twea984twae984taw

 人気ラーメン店「東池袋大勝軒」(東京・豊島区)の創業者・山岸一雄氏(享年80)の弟子約60人で構成された互助組織「大勝軒のれん会」の分裂騒動が、新たな局面を迎えている。「東池袋大勝軒」の“本家”に当たる「中野大勝軒」(東京・中野区)が10日、仲裁へ動き出したことが分かった。

 山岸氏の再従弟(はとこ)にあたる「中野大勝軒」社長の坂口光男氏(59)は「何とか2人が話し合える場所を設けたい」と年内にも和解させたい考えを明かした。

中略

 当時、賄いで食べていた“つけ麺”をヒントに、山岸氏が「もりそば」を考案したため「中野―」は「つけ麺の発祥地」として知られる。61年、山岸氏は独立し「東池袋大勝軒」を開店した。こうした流れから中野大勝軒は、いわば現在につながるすべての大勝軒の本家。今回の分裂劇でもどちらの派に属しておらず、仲裁役は坂口氏しかいないとも言える。

以下略
果たしてどうなることやら・・・
 





 

この記事へのコメント