三重県の通信制高校が就学支援金を不正支給していた問題で「入学すれば年間50万円がもらえる」と生徒を勧誘していたことが判明・・

kvpdkgh@refpbkh@frekhpkrtjjt

「入学すれば年50万円」文書で生徒勧誘
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151209/k10010334351000.html

jvogjwepdojgdseogjhpojpeohjotrhy



kvpdkgh@refpbkh@frekhpkrtjjt




通信制のある三重県の高校で、国の就学支援金制度が悪用された疑いが持たれている事件で、この学校の関係者が「入学すれば、支援金などで年間50万円がもらえる」と書かれた文書を使って生徒を勧誘していたことが分かりました。東京地検特捜部は、支援金の受給資格のない生徒が入学した経緯などを詳しく調べています。

三重県伊賀市の「ウィッツ青山学園高校」の通信制の課程に、すでに別の高校を卒業するなどして就学支援金の受給資格がない複数の生徒が入学し、国から支援金が不正に支給されていた疑いがあるとして、東京地検特捜部は8日、詐欺の疑いで強制捜査に乗り出しました。

この事件の関係先として捜索を受けた東京・千代田区のサポート校の関係者が、生徒の勧誘に使っていたとされる文書をNHKは入手しました。文書には「高校は何回、入学してもよいので高卒者でもウィッツに入学できる」としたうえで、「国からの支援金のうちおよそ18万円と、奨学金がもらえる。ウィッツに一部を支払っても年間50万円があなたに残る」などと書かれています。

以下略

これは完全に黒ですね・・




この記事へのコメント