横綱・白鵬が36度目の優勝!しかし、あっけない結末で館内大ブーイング! 座布団を投げてしまう人も…

tawe84tawe498t98awe984tawe

 

白鵬 変化で36度目V館内大ブーイング 優勝インタビューでは涙

tawetaw8e4t4awe98t984aw

 「大相撲春場所千秋楽」(27日、エディオンアリーナ大阪)

 横綱白鵬が結びで横綱日馬富士に勝ち14勝1敗とし、史上最多を更新する4場所ぶり36度目の優勝を果たした。しかし、日馬富士の突進を白鵬がよけるような形になり、日馬富士が土俵外に飛び出してしまうあっけない結末に、館内のファンからは大ブーイングが飛んだ。優勝インタビューでは、白鵬が涙ながらに取り口を謝罪するシーンもあった。

 立ち合い、右手を日馬富士の顔に差し出した白鵬は、次の瞬間、左に動いた。目標を失った日馬富士は踏ん張り切れずに土俵外へ。決まり手は突き落としで、白鵬の優勝が決まった。今年の初場所9日目、栃煌山戦で見せたのに似た取り口だった。

 これに観衆は大ブーイング。座布団を投げてしまう人もいた。NHKによる大相撲中継で解説を務める元横綱の北の富士勝昭さんも「変化はやめてほしいね。昔はこんなことなかったと思うよ」と残念がった。

以下略


勝てばいいんだよみたいな流れになっているな…
 




 

この記事へのコメント

  • でっちでちでお送りします 2016年03月27日 22:45

    白鳳が軽くいなしたつもりが日馬富士が突っ込み過ぎてて勝手に自滅したんだろう。
    結果白鳳が思いっきり変化した形になってしまった。
    白鳳が気の毒だね。観客は勝手なもんだ。