今年もフジテ『ほんとにあった怖い話 ―夏の特別編2018―』を放送するぞおおおおお! 今年は神木隆之介くんが14年ぶりに出演!

T4E98AWT984AW489TEAW9

神木隆之介、14年ぶり「ほん怖」決定<本人コメント>
http://news.livedoor.com/article/detail/15056612/

2018-07-24_14h03_04

フジテレビ系土曜プレミアム『ほんとにあった怖い話 ―夏の特別編2018―』が8月18日(午後9時~11時10分)に放送され、俳優の神木隆之介が出演することが決定した。

そして今回出演する神木は2004年以来約14年ぶりの出演。神木が演じるのは、入社3年目の不動産会社に勤める佐々木裕介。ある日、裕介の大学時代の同級生・井口真梨恵(内田理央)が訪ねてきて、駒田和哉(岡山天音)と一緒に住む物件を探して欲しいという。和哉の条件に見合う物件がなかなか見つからず、和哉は裕介に事故物件の紹介を依頼する。その部屋は、以前クローゼットの中で男が首を吊っていたのだった。数カ月たったある日、真梨恵はやつれていて、和哉の様子に異変を感じていた…。

今回の出演について神木は「毎年見ていますし、夏と言えば『ほん怖』ですよね。14年前に出演した時以来になるので、今回お話を伺った時、とてもうれしかったです」と喜び、今回の作品について「たしかに怖いのですが、背筋が凍るような怖さではなく、恐怖と現代社会の中にある小さな隙間を描いていて、見終わった後誰しもが考えさせられる話だなと思いました」と明かした。








今年もほん怖やるぞおおおおおおお





この記事へのコメント