医師「東京は、もはや人が住む場所ではない」「できれば東日本から移住していただきたい」

e498a4e89r8we9ar984aw

記事元:http://tocana.jp/2014/07/post_4493_entry.html
記事名:「東京は、もはや人が住む場所ではない」東京から岡山に移住した日本人医師の発言が海外で話題に

fasd48r9er498wear984awe98
前略

 今なお決して無視することができない原発事故の数々の影響が指摘される中、これまで東京で医療に従事していた1人の医師がこの春、岡山県に移り住み医院を再開した。医師の主張は「できれば東日本から移住していただきたい」というショッキングなメッセージである。


■東京は、もはや住み続ける場所ではない

 東京都・小平市で父親の代から50年以上にもわたって地元の人々の医療に貢献してきた「三田医院」の三田茂院長は、今年3月にいったん小平市の医院を閉じ、4月に移住先の岡山県・岡山市で医院を開業して医療活動を再開した。この三田医師の決断は海外でも報じられ、北米を拠点にした情報サイト「VICE」や、エネルギー関連情報サイト「ENENews」などが、三田医師の主張を英語で紹介している。

「ENENews」の記事によれば、三田医師はここ1~2年の間に東京で劇的に放射能汚染が進行していると語っている。東京の各所で滞留した放射性物質が濃縮されて汚染は進行し、「東京は、もはや住み続ける場所ではない」という衝撃の発言が記されているのだ。特に東京の東部地域は深刻であるという。

「残念なことに、東京都民は被災地を哀れむ立場にはありません。なぜなら、都民も同じく事故の犠牲者なのです。対処できる時間は、もうわずかしか残されていません」(三田医師)

以下略 
なんか胡散臭いなこの医師
そもそも、そっちだって中国からPM2.5とか来るじゃない
どっちもどっちだと思うんだけどなー
BlogPaint


"医師「東京は、もはや人が住む場所ではない」「できれば東日本から移住していただきたい」"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: